山崎拓の詳細profile
1936年生まれ。福岡県立修猷館高校卒業。
早稲田大学商学部卒業後サラリーマン生活などを経て 、1967年に福岡県議会議員に当選。1972年の総選挙で衆議院議員初当選以後、12回当選。福岡2区(福岡市中央区、南区、城南区)選出。
日本ソフトボール協会会長および福岡県ソフトボール協会会長。早朝ソフトボール試合では自らピッチャーを務める。柔道6段、囲碁5段。著書に『2010年日本実現』『憲法改正』など

■現在の主な役職
政策集団 「近未来政治研究会」 会長
自由民主党 外交調査会長
自由民主党 沖縄振興委員長
自由民主党 九州ブロック両院議員会 会長
自由民主党 障害保健福祉推進議員連盟 会長
自由民主党 LPG対策議員連盟 会長
日本置き薬議員連盟 会長
有床診療所の活性化を目指す議員連盟 会長
国立追悼施設を考える会 会長
国連ハビタット(国連人間居住センター)推進議員連盟 会長
日本・インドネシア友好議員連盟 会長
日本・ベトナム友好議員連盟 名誉会長
アジア外交・安保ビジョン研究会 常任顧問
自由民主党 全国保育関係議員連盟 顧問
新しい憲法をつくる議員連盟 副会長
財団法人 日本ソフトボール協会 会長
福岡県ソフトボール協会 会長
福岡県ボウリング連盟 会長
社団法人 安全保障懇話会 会長
財団法人 明道会 理事長
韓国国立慶尚大学校 客員教授
中国復旦大学国際問題研究院 名誉教授

■年表
1978年厚生政務次官(大平内閣)
1980年防衛政務次官(鈴木内閣)
1983年衆議院 議院運営委員会筆頭理事
1984年内閣官房副長官(中曽根内閣)
1985年衆議院 社会労働常任委員長
1987年自由民主党 広報委員長
1989年国務大臣 防衛庁長官(宇野内閣)自由民主党 総務会長代理
1990年自由民主党 副幹事長、衆議院 税制問題等調査特別委員長、衆議院 国連平和協力特別委員会 自民党筆頭理事
1991年建設大臣(宮沢内閣)
1992年自由民主党 住宅対策特別委員長
1993年自由民主党 筆頭副幹事長
1994年自由民主党 政治改革本部腐敗防止法委員会委員長
1995年自由民主党 国会対策委員長
自由民主党 政務調査会長(〜1998)
1998年政策集団「近未来政治研究会」結成 会長に就任(〜2001)
1999年衆議院 日米防衛協力のための指針(ガイドライン)に関する特別委員長
2001年自由民主党 幹事長(〜2003)
2003年自由民主党 副総裁、政策集団「近未来政治研究会」会長再任
2004年自由民主党 憲法調査会 特別顧問、韓国国立慶尚大学校 「行政学」名誉博士号取得、韓国国立慶尚大学校 客員教授
内閣総理大臣補佐官(小泉内閣)
2005年、衆議院郵政民営化に関する特別委員会筆頭理事、自由民主党 安全保障調査会長
自由民主党 沖縄振興委員長
2007年、自由民主党外交調査会長
自由民主党沖縄振興委員長(再任)

もどる